アルトサックスの練習日記

川崎市の音楽スタジオ(武蔵小杉駅近)『スタジオアイシャ』
アルトサックスの練習日記

レッスン35回目:フレーズの最後の方でピッチが上がってしまう(18/8/6)

マイペースですが練習を重ねて、リラックスしやすくなってきたかなと思えばうまくいかないこともあったり...。クローゼを使った練習も取り入れていましたが、まだ1番の練習のみで留まっている状態でした。

そうこうしていうちに、また4カ月ぶりのレッスンになってしまいました。


■先生のアドバイス

・クローゼで練習
  5番くらいまで完成度はある程度でもいいので、練習するがオススメ
  −いろいろなテンポで(少し早めのテンポでトライするのがオススメ)
  −最初はスタッカートもスラーで、それが出来たらスタッカートも

・Stella by Starlight のフレーズから練習
 フレーズの最後の方でピッチが上がる課題
 少し長いフレーズを吹くと最後の方でピッチが上がってしまうことがある
 その対策
 −1音で吹く
   フォフォフォという感じで音程をォで少し下げて音を小さくする
   下唇を緩めて音程を下げて息にして音を切る
 −1音で練習した、そこを目指してフレーズを吹く
 −息を効率よく使う
   少しマウスピースを浅くくわえる
   下唇の力は少し緩める(息がより入るように)
   最初から息を荒く入れずに、少し軽めに入れる
   そこから息の圧力を強めて、強い圧力のままフレーズを吹く
   密度のある音色になるように
    唇全体で輪ゴムのようにマウスピースを包むイメージ
    ⇒結果的に息を効率的に使うことになる



■私の感想と気付き

フレーズの最後の方でピッチが上がるのはずっと気になっていました。最初は良くても、練習を続けるとだんだんこの傾向が出てきます。クローゼを練習している時も、特に少し高い音から下がってくる時に、ピッチが少しづつ上がってしまうことがあります。

今回はその対策をいくつか教えていただきました。一音なら狙ってある程度正しいピッチで吹けるのですが、フレーズの中だとなかなかうまくいきません。原因はいろいろありそうです。指を動かすことが影響して、楽器が動いてアンブシュアに余計な力が入ってしまうこともあると思います。また、息がもたなくなってアンブシュアに力が入ることもあるようです。この辺を少しづつ改善できるよう練習していきたいと思っています。この対策は、結果として良い音色にもつながりそうです。


レッスン34回目:息を吸う時に下顎を下げる(18/4/2)

ここ半年くらいはファットリップというか、下の歯の上に下唇を厚くのせる方向になるよう、アンブシュアを工夫してきました。うまくいくときは自然に力が抜けたりしていい感じなのですが、うまくいかない時もあり、試行錯誤していました。

そうこうしていうちに仕事がバタバタしてしまい、4カ月ぶりくらいのレッスンになってしまいました。


■先生のアドバイス

・指を動かす練習を少し増やすといい
  指を動かしてもリラックスできて、かつ楽器を安定出来るようになることを目指す
  いくつか教則本を紹介してもらい、エクササイズを試しに練習
  自分にはクローゼがオススメとのことで、トライすることに
   (最初はスタッカートとかは無視して、全てスラーで練習)

・少し顎を前に出す感じの方がいい
  首の角度を意識(首が楽で息が通りやすいポジション)

・息を吸うタイミングで下顎の力を抜き、下顎を下げる
  (自然に下唇が歯の上に厚くのる)
  
・息を多く吐くと息を多く吸える
 (息が多く吐けないと、あまり息がすえず、ずっと苦しい)

・Stella by Starlight のフレーズから練習
  ファ♯ソラシラソファ♯ソラシラソファ#
   −一音づつ息をしっかり入れる
   −ファ♯とシで息を強く入れる


■私の感想と気付き

息を吸うタイミングで下顎を下げると、比較的楽に下唇を下の歯の上に当てることが出来ます。そのコツが少しつかめた気がしています。ただ、ブレスを何度か繰り返していくうちに、だんだん下顎に余計な力が入ってきてしまうので、ブレスを繰り返しても力が抜けるように出来るとよさそうです。

首の角度などは何度かアドバイスいただいていることなのですが、知らず知らずにチェックしなくなっていました。レッスンでは、こういったチェックをしていただけるのがありがたいところです。

教則本ではクローゼを購入して、指を動かす練習も増やしていく予定です。

今の練習頻度では少しづつしか上達はしませんが、それでも焦らず、楽しみながらいきたいと思います。



レッスン33回目:下唇を厚く(17/11/27)

前回のレッスンから、ファットリップの方向でアンブシュアを自分なりに工夫してきました。
ファットリップと言ってもいろいろな考え方があって難しいのですが、自分としては下の歯の上に下唇を厚くのせる方向だとよい感じです。前に比べれば高い音も出しやすく、低い音も安定します。しかし前よりはましではありますが、高いラあたりから貧弱になりがちです。
自分で練習しているとだんだん訳が分からなくなることもありました。

今回は、そんな相談からのレッスンとなりました。


■先生のアドバイス

・高い音はリードを抑えすぎの音に聞こえる
  下顎はもっと下げて、下の歯の上に下唇を厚くのせるように
  そうなればリードへの圧力がソフトになって改善するはず
  補助練習
   −オーバートーン
    (倍音を出した時にも音がなるべく豊かになるように)
   −低い音で音程低めで音を出して、のどや顎、口の中をリラックス
   −ダブルリップでリラックス
     音程を上下させながら、音が途切れないように、
      リラックスしつつ息はしっかり入れる
   −ビブラートをしたり、音程を下げたりして、下顎が柔らかく
      しなやかに動くように練習
  息を吸う時もリラックスして下顎をもっと下に
  リードがマウスピースの中心にくるように注意
  今使っているプラスチックのリードは下唇が滑りやすいので、
   木のリードの方が良さそう


■私の感想と気付き

自分の目指していた方向はそんなに間違っていないようなのですが、全く不十分だということが分かりました。
下唇を下の歯に厚くのせるには、下あごを下げる必要があります。しかしその状態で音を出そうとしてもなかなか音にならなかったり、音にしようとするとついつい下顎に力が入ったりして、下の歯の上に乗る下唇が薄くなってしまいます。頭では分かっていても、なかなかうまくいきません。

改善する補助練習をいろいろ指導いただいたので、それを足掛かりに練習したいと思います。

前に比べれば良くはなってきているのですが、なかなか難しい課題です。