アルトサックスの練習日記

studio Aisya(スタジオアイシャ)

レッスン15回目:強弱の音を滑らかにつなぐ(13/7/29)

なるべく月に1回はレッスンを受けたいのですが、前回の
レッスンから約2ヶ月たってしまいました。まあとにかく、
無理がない範囲でマイペースにいきたいと思います。


■先生のアドバイス

・ストラップを短くして、首を楽に、顎を少し前に出すくらいの
  練習をしていたが、少し改善した感じ。その首の角度を
  維持しながら、ストラップを少し長くしてみて同じイメージで
  音が出せるように。

・息を勢いよく入れすぎ(息が適切なタイミングで音になって
  いない)。そういう息で音にする時もあるが、今は音になる
  タイミングが合っていないので、乱暴な音になってしまう。

・ほっぺたをなるべく膨らませないように。ほっぺたが膨らんで
  唇周りの動きも影響をうけてしまっている。

・フォフォフォ(ォの部分で音を小さくして、下顎を下げる)
  −音ので出だしが少し早い、息の圧力が少し高まってから音に
    するように。最初は息の音から音になるように。それが
    出来たら、だんだん音になるタイミングを早める。
  −手に吹きかけるような暖かい息、丸い息をイメージ
  −「ォ」の部分で音が切れるので、切れないで滑らかに
    音を出す。そのためには顎がカクカク動くのではなく、
    滑らかに動くように。かつ、息もしっかり維持するように。
  −息を吸うときは、下唇がリードに少しついている状態で
    口の両端から吸う(管から吸わないように)。
    口の中を広くしておくと、ラクに吸える。
  −ダブルリップで補助練習してみる。
  −口がひょっとこのように、中央に寄るように。下顎も
    もう少し下に、そうすると結果的にファットリップに
    なる感じ。
  −最初は単独の1音で「フォフォフォ」の補助練習。うまく
    いったらメロディなどで音を続けて出す練習。
    音を続けて出す練習で、どこかの音で詰まった感じや
    安定しない音色、ピッチになったら、その音で
    「フォフォフォ」の補助練習を。その後、続けて音を
    出す練習にトライするといい。


■私の感想と気付き

おなかから息を出すことを意識するあまり、息の勢いが強すぎて、
乱暴な音になっていました。1人で練習していると、こういう
間違いがよくあります。

ほっぺたを膨らませないようにすると、ほっぺたに力が
入ってしまいます。先生の場合、まったく力をいれずにほっぺたを
膨らませず音を出せるのですが、なかなかそうは行きません。
ちなみに先生の場合はほっぺたを膨らませても、膨らませなく
ても、ちゃんと綺麗な音色になります。自分の場合は、ほっぺたを
膨らませるといろいろ悪い影響が出るので、力を入れずになるべく
ほっぺたを膨らませないようにしたいところです。1つは、
息を勢いよく入れすぎてたのをやわらかい息にすることで、
あまり膨らまなくなりました。あとは、下顎の力が抜けると
よさげな感覚があります。

「フォフォフォ」の練習は、今までも何度かレッスンで指導いた
だきましたし、自分でも練習していたのですが、今回のレッスンは
今までとは違い、最後には自分でもよりナチュナルな音が出せる
感覚がありました。一番実感があったのは、「ォ」の音を出す
時、この時は音を小さく、顎が下に下がった時なのですが、この
時にお腹で息を支えられている感覚があるとうまくいきます。
この時のイメージで音を出すと、いい感じです。
ただ、かならず再現できるわけではないので、この音を自分だけ
で、いつでも再現できるようにしたいところです。

本当は唇をかなり厚くしてリードを押さえる、いわゆるファット
リップが出来るとラクになるようなのですが、自分はどうも
ファットリップがうまく出来ません。いずれにせよ、
下顎の力をもう少し抜いて、下の位置にした方がよさそうなので、
それがうまく出来るとファットリップも出来るかもしれません。
先生にアドバイスいただきながら、いろいろ試したいと思って
います。


リードの位置

サックスを吹くときに、私はどうしてもほっぺたが
膨らんでしまいます。息を効率的に使うには膨らま
せずに、効率的にマウスピースに息を吹き込む方が
ベターなわけです。

でもどうしてもほっぺたが膨らんでしまうのです。
ちょっと考え方を変えて、息がマウスピースに無駄なく
入って、リードを効率的に鳴らすように意識しようと
してみました。

そこでふと思ったのですが、私は息の通り道をボヤっと
考えていたかなと。もっとマウスピースの位置、
リードの位置がどこにあって、息をどこに流すのかを
意識してみました。

なんとなくですが、私は息がマウスピースの上の方に
入るように吹いていたのかな、なので効率的に息が
マウスピースに入らず、ほっぺたが膨らんでしまうの
かなと。試しに息がもっと下の方、リードの位置を
意識して吹くと、よりラクに音が出ます。音の
立ち上がりもスパッとした感じ。

でも音がバリッとしすぎに感じるので、顎の角度などを
変えていろいろ試してみると、少し音が落ち着く位置が
あります。

うーんこの方向なのかなあ、と思いつつも自信がありま
せん。結局のところ、出てきた音で試したことが良い
方向なのか悪い方向なのかを自分で判断できないと、
練習が効率的になりません。が、これがなかなか難しい。

まあ無理せず気長に、試行錯誤を楽しみたいと思います。