アルトサックスの練習日記

studio Aisya(スタジオアイシャ)

レッスン20回目:下唇をあまりまかない方向に修正(15/2/9)

タンポを全て交換するため、3週間ほどサックスを楽器店に
預けていました。ブランクがあったので少し不安
だったのですが、思ったよりは早く元に戻った気が
します。最近、複式呼吸のコツが少しつかめた気がして
いて、それが良い方向に行っている気がします。
今回は、そんな自分の状態をチェックいただいたりの
レッスンでした。


■先生のアドバイス

・音が良い方向に変わって来ている。オクターブ下は
  よい感じ。

・高い音、ラシドあたりがもっとしっかり音が出るはず。
  この辺が壁になっている気がする。

・補助練習
  ラソファソラソファソラーファーラー(ラを大きく)
  シラソラシラソラシーソーシー(シをて大きく)
  ドシラシドシラシドーラードー(ドを大きく)

・息を吸うときに、ホというイメージがいいのでは。
  ハのイメージで息を吸うと、吸う前に口の中が広くても
  狭くなってしまうように見える。

・下唇を少しまきすぎ。
  下唇が全く力が入っていないで、下あごの力で
   マウスピースを押さえているように見える。
  下唇に力を入れすぎるのはよくないが、下唇の力を
   もう少し使った方がいい。力を加えるというより
   整える感じ。

・補助練習
  息だけで、ホをイメージで吸って吐く。
  ダブルリップで短い音を出す。
  シングルリップにして音を出す。
   (このとき、下唇は巻きすぎない)

・自分の心地いいドレミファソラシドを吹く。
  ドレミファソラシドでもそれが自分に心地よく、
   になるように。

・今はチューナにあまり頼らないで、音色を整える
  ことを重視した方がいい。
  キーボードで音を出して、その音を出すように
  意識した方が今はいい。

・補助練習
  ヤマハ音楽教室のCMソングを吹いてみる。
  ドレミファソラファミレド

・常に顔はポーカーフェイスに。
  うまくいかなくてしかめ面になると、余計な
  力が加わってしまう。何があっても顔はにこやかに、
  おなかで頑張る。

・Stella By Starlightの1フレーズで練習
  最初はリズムをつけずまっすぐ吹く。
  その後リズムをつけて吹く。
  今は少し息継ぎを多めにした方が安定する。


■私の感想と気付き

今まで、下唇をけっこう巻いて吹いていました。
すぐに唇がつかれてしまう悩みがあったので、下唇に
力をなるべく入れないようにしたいと思ったことも
あってです。結果的に、下顎の力を使って、
マウスピースを押さえていて、これが余計な力に
繋がっていたようです。

今回のレッスンではそれを見直して、あまりまかず、
唇でもリードを少し支える感じに修正してみました。
力を入れすぎは良くないので、微妙なところです。
これで、下顎の力を少し抜くことが出来るようです。
その他の余計な力も抜ける感じがします。
この辺、微妙なバランス感覚が必要な気がします。

先生の指導ので吹いてみると、高い音はだいぶ楽に
音が出せます。高いドはまだうまく出ませんが、
以前よりずっといい。低い音も問題なし。何というか、
自分がイメージした音が、楽器に反映しやすくなった
感じです。

でも、今回のことは自分では何が起こっているか
イマイチ実感できていないところもあります。
自分で再現できるか少し不安。まだこの口の形に
少し違和感もあります。

ただ間違いなくいい方向だとは思うので、少し練習を
重ねたいと思います。