アルトサックスの練習日記

studio Aisya(スタジオアイシャ)

レッスン22回目:テンポを意識(15/8/24)

気がつくと前回のレッスンから5ヶ月も経っていました。
週に1時間程度の練習は続けていて、少しづつお腹で
コントロールする感覚が分かってきたような気がします。
お腹でコントロール出来ている時は安定するし、音色も
悪くありません。お腹でコントロールできなくなると
音色も悪くなり、ピッチも狂い、口も疲れてきます。
そういう時はまだよくあって、単純に長く吹いて
いたり、息継ぎをしたりする時になどに崩れてきます。
そんな中、ゆったりした曲の方がお腹のコントロールが
しやすそうな気がして、最近はDanny Boyを練習して
いました。
そんな中、久しぶりのレッスンとなりました。



■先生のアドバイス

・練習していたDanny Boyのフレーズを聴いてもらって...

・テンポを意識するといい
  拍で音が変わるときにお腹から強めに出す

・補助練習1
  音を短く切ってフゥ フゥ フゥ という感じ
   1音だけで、2音で、メロディで

・補助練習2
  音を少しピッチを下げて元に戻す
ウヮウ ウヮウ ウヮウという感じ
   最初口で、ウヮウ ウヮウ ウヮウ と歌ってから
     サックスで
   1音だけで、2音で、メロディで

・息を吹き上げるというよりは、落とすイメージで息を
  吐くといい
  特に音の出だし 息を吸う時に少し上がって
  吐くときに落とすイメージ

・ド♯ファ♯(高い方)の時に、ド♯と同じ息の流れで
  ファ♯を出せるといい

・補助練習1と2は極端なフレーズになるが、それが
  出来た上で、なめらかにフレーズを吹く練習

・お腹の強めに出す程度の大小やタイミングで、
  フレーズのニュアンスがつく。
 (1拍目ではなく2拍目で強く出す、1小節単位で強く
   出すなど)



■私の感想と気付き

少し長いフレーズをただまっすぐ息をはいていくと、
だんだんお腹でコントロール出来なくなってしまいます。
ずっと一定ではなく、テンポを意識して拍の変わり目
などで息をお腹から強めに出すようにすると、結果的に
ラクにふけて最後までお腹でコントロールしやすいです。

結局、お腹でコントロールできればかなりの問題が
解決するように感じます。それが難しいので苦労しては
いるのですが、お腹で息をコントロールし、お腹で
フレーズをコントロールし、お腹でアンブシュアを
コントロールして、ということが少しづつ分かってきて
いる気がします

多分今の練習の延長上で、お腹まわりの必要な筋肉は
少しづつ鍛えれらるはずです。そうなればもっとラクに
お腹でコントロールできるようになるはず、と期待して
練習を続けたいと思います。