アルトサックスの練習日記

studio Aisya(スタジオアイシャ)
アルトサックスの練習日記 > レッスン日記 > レッスン24回目:おなかと下顎の連動(16/1/25)

レッスン24回目:おなかと下顎の連動(16/1/25)

今回は今までも何度かテーマになっていた、おなかの
圧力と、下顎の連動の復習がメインのレッスンでした。
言葉にするのは難しいのですが、今までよりもう一歩
進んで、コツがつかめた気がしています。



■先生のアドバイス

・フゥオという発音で練習
  −ダブルリップ
    フゥで強く、正しいピッチで
    オで弱く、下顎が下がって、音が息になって
     消えて楽器の中に息が通る感じ
  −シングルリップにして同様な音色で、ピッチで
    出せるように
  −ダブルリップとシングルリップで交互に練習

・フゥオフゥオフゥオを音を切らずに続けて
  −ダブルリップとシングルリップで交互に練習
  −真ん中のドから徐々に下げていく
  −下げていくと、オのところで音が切れがちに
    なるので、音をつなげるようにする
  −今度は真ん中のドから徐々に上げていく
    オの音でも音の大きさが変わらなくなりがちに
     なるので注意
     音を小さくするとオで音が切れがち
     最初の音をしっかり大きく出して、それを
      土台に少し音を弱くするようにするといい
  −最初の音がスパっと立ち上がるように注意
    息を出しはじめは下顎が下がっていて、そこから
     スパッと音にする感じ

・音の強弱で練習
  −シーラーシーラーシラシラシー
    シの音で大きく
  −シラソファミー
    シソミーで大きく、おなかの圧力が強くなると
     同時に顎が少し前方下になる感じ
  −低い音は音がひっくりかえったりすることがあるが、
    この練習をしてミの音を出して下顎の感じを
    覚えておいて、同じようにミの音を最初に出す練習
  −同じように音を上げたり下げたりして練習

・強い音
  高いシラソファミ
  ドーなど
  上の練習で出していた強い音のほうのおなかの圧力で
   正しいピッチで、音が出るように
  おなかに圧力がかかって、それ以外はリラックス。
   特に首に注意。

・弱い音
  顎を少し引いて弱い音を出す

・強い音と弱い音
  強い音
   おなかの圧力が強い 自然に下あごが前方下の方向に
  弱い音
   おなかの圧力が弱い 自然に下あごが後方上の方向に
  下あごだけ動いても駄目で、おなかの圧力と連動して自然に
   動くように

・Danny Boyで練習
  ソ♯ラシド♯
  最初は小さな音から入って少しづつ大きくしてド♯で
   しっかり音にする
  お腹の圧力と下顎の動きを連動



■私の感想と気付き

今までも何度かテーマになっていたお腹の圧力と下顎の
動きが自然に連動していくような練習を中心にした
レッスンでした。

うまく言葉にできないのですが、いろいろ気づきが
ありました。いくつかコツがつかめた気がしています。
特におなかが基点になって全てが動くというか、
下顎がおなかとつながっているようなイメージだと
いい感じです。
まっすぐな音、ナチュラルな音も出しやすいし、
強弱もつけやすいし、なんとなくいろいろなことが
繋がった気がしています。

心配なのが、自分で練習して再現できるかです。
レッスン中に指摘いただいたことで、自分では気づかない
ことも多かったので、練習前にこの日記をざっと見直して、
注意して練習したいと思います。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック