アルトサックスの練習日記

studio Aisya(スタジオアイシャ)
アルトサックスの練習日記 > レッスン日記 > レッスン27回目:効率よくリードに圧力をかけるアンブシュア(16/8/22)

レッスン27回目:効率よくリードに圧力をかけるアンブシュア(16/8/22)

自分で練習していて少しづつですが息が吐けるようになり、
少しづつですが音が楽にしっかり出せるようになってきた
気がします。

そんな状況でのレッスンとなりました。


■先生のアドバイス

・効率よくリードに圧力がかけられるようなるといい。
 そうすると中身が詰まった密度の高い音になるし、
 もっと楽に、安定して吹けるようになる。

・補助練習1:唇を中心に寄せる
 −口を閉じたまま下顎をなるべく下に落とす。
 −唇が中心に寄って、少し縦方向になるようにイメージ。
 −唇の外(顎など)は固定して、唇周りはリラックスする感じ。
 −唇周りだけ少しすぼめたり開いたりする(顎は動かさない)。
 −下顎を少し上下に動かす(下あごの先端から唇の距離を変えない)。
 −下唇が歯の上で立つように整える。
 −そのイメージのまま楽器で音を出す。

・補助練習2:ペンを使って唇を中心に寄せる練習
 −ペンをマウスピースに見立てて、上の歯にあて、
   唇を中心に寄せる。その時、唇周りの筋肉を意識する。
 −そのイメージのまま、楽器で音を出してみる。

・補助練習3:ホ(オ)とフ(ウ)のイメージ
 −楽器を使わず、ホーというイメージで息を吐く。
 −フーというイメージで息を吐く。
 −マウスピースをくわえて、唇を離さないで下顎をなるべく下げる。
 −ホーというイメージで楽器に息を流す。
 −フーというイメージで音を出す。
 −音になった後も、息をしっかり吐く

・息を吸う時はホーという感じで唇を縦方向にイメージしつつ吸う



■私の感想と気付き

今までは下顎をリラックスする方ばかりに頭が回っていて、
効率よくリードに圧力をかける方には意識が回っていません
でした。先生のアドバイスを受けて試してみますが、これが
難しい。特に唇を縦方向にならないというか、どうしても
横方向に口を引いてしまうようになってしまいます。

普段はあまり意識しない筋肉ということもあってか、自分の
体なのに思うように動いてくれません。でも意識すれば、
少しづつでも体は動いてくれるようになる、はずです。

今回のアドバイスを参考に、自分なりに練習を重ねていきたいと
思っています。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/441294472
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック