アルトサックスの練習日記

studio Aisya(スタジオアイシャ)
アルトサックスの練習日記トップ > レッスン日記

レッスン25回目:呼吸と下顎(16/3/28)

1音や短いフレーズではある程度の音になってきたので、
曲を吹けるようにしたいと思っています。
とりあえず持っていた教則本で好きな曲、かつ
比較的簡単と思われる「Stella By Starlight」を課題曲に
して練習していました。
ただ、曲を吹いているうちにどんどん音が悪くなって
きてしましまいます。以前のように唇が疲れて吹けなく
なるという状態よりはいいのですが...

そんな状況を相談させていただいてのレッスンと
なりました。


■先生のアドバイス

・発音がさらに身につくと良さそう

・ホーフゥーという発音で練習
  −下顎をなるべく下に落として息を吸う
  −「ホー」と発音して息を吐く
    この時からなるべく強めに息を吐く
  −「フゥー」と発音して音にする
    息をさらに強く
    唇が真ん中に寄る感じで、下唇に
    少し圧力がかかって音になるイメージ
    のどまわりなどがリラックスする感じ
    ため息をつくような感じでリラックスして

・ホーフゥーの補助練習
  −楽器を持たず息だけで練習
    下顎があまり動かない時があるので、
    しっかり下顎を下げるよう注意
  −楽器を持って息を吐くだけで音にする直前まで
    下顎が引き気味になってしまう傾向があるので、
    下あごが前方下になるよう注意
    「フゥー」の時に息の圧力で自然に下あごが
    少し前に出る感じ
    「フィー」みたいな発音になる傾向があるので注意
    考えすぎると余計な力が入ってしまうので、
    あまり考えないようにして


■私の感想と気付き

前回のレッスンの時に良くなっていたと思って
いたのですが、少し戻ってしまったようです。
今は2〜3ヶ月に1度のレッスンということもあり、
自分でよかれと思って練習したことが悪い方向だった
というのは時々起こってしまいます。レッスンの
頻度を上げればだいぶ違うと思うのですが、悩ましい
ところです。

今回のレッスンで気になったのは下顎です。
どうも余計な力がかかりすぎているようです。
息だけならまだいいのですが、楽器を構えて音を
出すと顕著になります。余計な力がかかって、
顎が引けてくる感じです。そうすると最初の音色が
維持できず、だんだん悪くなってしまいます。

また、下顎を下げた状態で息を吐くのですが、
吐こうとするとうまくいかないというかスムーズに
いかないというか、この辺も少し自分なりに練習
してみたいと思います

今回のレッスンでは先生からいただいた課題にうまく
対応出来なかったので、この日記を見返して自分なりに
練習してみたいと思います。


レッスン24回目:おなかと下顎の連動(16/1/25)

今回は今までも何度かテーマになっていた、おなかの
圧力と、下顎の連動の復習がメインのレッスンでした。
言葉にするのは難しいのですが、今までよりもう一歩
進んで、コツがつかめた気がしています。



■先生のアドバイス

・フゥオという発音で練習
  −ダブルリップ
    フゥで強く、正しいピッチで
    オで弱く、下顎が下がって、音が息になって
     消えて楽器の中に息が通る感じ
  −シングルリップにして同様な音色で、ピッチで
    出せるように
  −ダブルリップとシングルリップで交互に練習

・フゥオフゥオフゥオを音を切らずに続けて
  −ダブルリップとシングルリップで交互に練習
  −真ん中のドから徐々に下げていく
  −下げていくと、オのところで音が切れがちに
    なるので、音をつなげるようにする
  −今度は真ん中のドから徐々に上げていく
    オの音でも音の大きさが変わらなくなりがちに
     なるので注意
     音を小さくするとオで音が切れがち
     最初の音をしっかり大きく出して、それを
      土台に少し音を弱くするようにするといい
  −最初の音がスパっと立ち上がるように注意
    息を出しはじめは下顎が下がっていて、そこから
     スパッと音にする感じ

・音の強弱で練習
  −シーラーシーラーシラシラシー
    シの音で大きく
  −シラソファミー
    シソミーで大きく、おなかの圧力が強くなると
     同時に顎が少し前方下になる感じ
  −低い音は音がひっくりかえったりすることがあるが、
    この練習をしてミの音を出して下顎の感じを
    覚えておいて、同じようにミの音を最初に出す練習
  −同じように音を上げたり下げたりして練習

・強い音
  高いシラソファミ
  ドーなど
  上の練習で出していた強い音のほうのおなかの圧力で
   正しいピッチで、音が出るように
  おなかに圧力がかかって、それ以外はリラックス。
   特に首に注意。

・弱い音
  顎を少し引いて弱い音を出す

・強い音と弱い音
  強い音
   おなかの圧力が強い 自然に下あごが前方下の方向に
  弱い音
   おなかの圧力が弱い 自然に下あごが後方上の方向に
  下あごだけ動いても駄目で、おなかの圧力と連動して自然に
   動くように

・Danny Boyで練習
  ソ♯ラシド♯
  最初は小さな音から入って少しづつ大きくしてド♯で
   しっかり音にする
  お腹の圧力と下顎の動きを連動



■私の感想と気付き

今までも何度かテーマになっていたお腹の圧力と下顎の
動きが自然に連動していくような練習を中心にした
レッスンでした。

うまく言葉にできないのですが、いろいろ気づきが
ありました。いくつかコツがつかめた気がしています。
特におなかが基点になって全てが動くというか、
下顎がおなかとつながっているようなイメージだと
いい感じです。
まっすぐな音、ナチュラルな音も出しやすいし、
強弱もつけやすいし、なんとなくいろいろなことが
繋がった気がしています。

心配なのが、自分で練習して再現できるかです。
レッスン中に指摘いただいたことで、自分では気づかない
ことも多かったので、練習前にこの日記をざっと見直して、
注意して練習したいと思います。


レッスン23回目:楽器のバランスと首のリラックス(15/11/30)

前回のレッスン以降、Danny Boyを課題曲に練習して
います。最初はまあ、まだいいのですが、段々音色が
悪くなってピッチも上がってくるのが悩みでした。

そんな中でのレッスンとなりました。



■先生のアドバイス

・左手の親指をしっかり押して、前歯にマウスピースが
  しっかりひっかかるようにするといい
  マッサージの指圧の時に一番力が入るところで押す
  意識しなくてもしっかり楽器を支えられていれば
  問題ないが、だんだん力が弱くなる傾向があるので、
  意識的に左手親指を強く押して、楽器を支える。
  楽器がしっかり支えられずバランスが崩れると、
  音が暗い音になってしまう。常に明るい一定の音色を
  意識的に出せるようにするのが大切
  −補助練習1
    音を強く出すときに少し押すイメージにする
    例えば、シソシソ と吹きながらシの音を強く出す
  −補助練習2
    指を早く動かして音色が一定になっているかチェック

・首の角度
  首周りがなるべく硬くならないようにリラックス
  左手で楽器を押してマウスピースで首を押し上げる
  ようにしてから首の力を抜くと感じがつかみやすい
  広い首の中を、おなかからの息で全て埋める感じ

・Danny Boyで練習
  ソ♯ラシド♯ とあがっていくと、ド♯で音が暗くなる
  ド♯を中心に音を上下して補助練習
   (ド♯シラシド♯シラシド♯ など)
  真ん中のシの音も暗くなる傾向がある
   同じようにシを中心に補助練習
  上のソ♯から上も暗くなりがち
   音をおなかでしっかり支えて、まったく一定の音が
    出せるように練習
   左手親指と首のリラックスに注意
   今までより前歯の位置を少し深めに



■私の感想と気付き

曲を吹いているうちに音色が悪くなっていく要因の
一つとして、楽器のバランスがあるようです。
一度楽器のバランスが悪くなると音色が暗くなり、
そのまま立て直すことが出来ないと悪化の一途と
いう感じです。

今まであまり意識出来ていなかったようですが、
より左手の親指を意識して練習すれば、楽器の
バランス問題は改善していく気がします。

首のリラックスもあまり意識していなかったこと
なので、今日のレッスンを参考にいろいろ試して
みたいと思います。

1年くらい前なら、唇が疲れてしまってDanny Boyを
最後まで吹くことが出来なかったと思います。
それが音色が段々悪くなるとは言え、あまり唇が
疲れないで最後まで吹けるようになったのは、
だいぶまともになってきています。

当面はDanny Boyを練習曲にして、ナチュラルな
明るい一定の音色で最後まで吹けるようになることを
目指して、練習していきたいと思っています。