アルトサックスの練習日記

studio Aisya(スタジオアイシャ)
アルトサックスの練習日記トップ > レッスン日記

レッスン23回目:楽器のバランスと首のリラックス(15/11/30)

前回のレッスン以降、Danny Boyを課題曲に練習して
います。最初はまあ、まだいいのですが、段々音色が
悪くなってピッチも上がってくるのが悩みでした。

そんな中でのレッスンとなりました。



■先生のアドバイス

・左手の親指をしっかり押して、前歯にマウスピースが
  しっかりひっかかるようにするといい
  マッサージの指圧の時に一番力が入るところで押す
  意識しなくてもしっかり楽器を支えられていれば
  問題ないが、だんだん力が弱くなる傾向があるので、
  意識的に左手親指を強く押して、楽器を支える。
  楽器がしっかり支えられずバランスが崩れると、
  音が暗い音になってしまう。常に明るい一定の音色を
  意識的に出せるようにするのが大切
  −補助練習1
    音を強く出すときに少し押すイメージにする
    例えば、シソシソ と吹きながらシの音を強く出す
  −補助練習2
    指を早く動かして音色が一定になっているかチェック

・首の角度
  首周りがなるべく硬くならないようにリラックス
  左手で楽器を押してマウスピースで首を押し上げる
  ようにしてから首の力を抜くと感じがつかみやすい
  広い首の中を、おなかからの息で全て埋める感じ

・Danny Boyで練習
  ソ♯ラシド♯ とあがっていくと、ド♯で音が暗くなる
  ド♯を中心に音を上下して補助練習
   (ド♯シラシド♯シラシド♯ など)
  真ん中のシの音も暗くなる傾向がある
   同じようにシを中心に補助練習
  上のソ♯から上も暗くなりがち
   音をおなかでしっかり支えて、まったく一定の音が
    出せるように練習
   左手親指と首のリラックスに注意
   今までより前歯の位置を少し深めに



■私の感想と気付き

曲を吹いているうちに音色が悪くなっていく要因の
一つとして、楽器のバランスがあるようです。
一度楽器のバランスが悪くなると音色が暗くなり、
そのまま立て直すことが出来ないと悪化の一途と
いう感じです。

今まであまり意識出来ていなかったようですが、
より左手の親指を意識して練習すれば、楽器の
バランス問題は改善していく気がします。

首のリラックスもあまり意識していなかったこと
なので、今日のレッスンを参考にいろいろ試して
みたいと思います。

1年くらい前なら、唇が疲れてしまってDanny Boyを
最後まで吹くことが出来なかったと思います。
それが音色が段々悪くなるとは言え、あまり唇が
疲れないで最後まで吹けるようになったのは、
だいぶまともになってきています。

当面はDanny Boyを練習曲にして、ナチュラルな
明るい一定の音色で最後まで吹けるようになることを
目指して、練習していきたいと思っています。


レッスン22回目:テンポを意識(15/8/24)

気がつくと前回のレッスンから5ヶ月も経っていました。
週に1時間程度の練習は続けていて、少しづつお腹で
コントロールする感覚が分かってきたような気がします。
お腹でコントロール出来ている時は安定するし、音色も
悪くありません。お腹でコントロールできなくなると
音色も悪くなり、ピッチも狂い、口も疲れてきます。
そういう時はまだよくあって、単純に長く吹いて
いたり、息継ぎをしたりする時になどに崩れてきます。
そんな中、ゆったりした曲の方がお腹のコントロールが
しやすそうな気がして、最近はDanny Boyを練習して
いました。
そんな中、久しぶりのレッスンとなりました。



■先生のアドバイス

・練習していたDanny Boyのフレーズを聴いてもらって...

・テンポを意識するといい
  拍で音が変わるときにお腹から強めに出す

・補助練習1
  音を短く切ってフゥ フゥ フゥ という感じ
   1音だけで、2音で、メロディで

・補助練習2
  音を少しピッチを下げて元に戻す
ウヮウ ウヮウ ウヮウという感じ
   最初口で、ウヮウ ウヮウ ウヮウ と歌ってから
     サックスで
   1音だけで、2音で、メロディで

・息を吹き上げるというよりは、落とすイメージで息を
  吐くといい
  特に音の出だし 息を吸う時に少し上がって
  吐くときに落とすイメージ

・ド♯ファ♯(高い方)の時に、ド♯と同じ息の流れで
  ファ♯を出せるといい

・補助練習1と2は極端なフレーズになるが、それが
  出来た上で、なめらかにフレーズを吹く練習

・お腹の強めに出す程度の大小やタイミングで、
  フレーズのニュアンスがつく。
 (1拍目ではなく2拍目で強く出す、1小節単位で強く
   出すなど)



■私の感想と気付き

少し長いフレーズをただまっすぐ息をはいていくと、
だんだんお腹でコントロール出来なくなってしまいます。
ずっと一定ではなく、テンポを意識して拍の変わり目
などで息をお腹から強めに出すようにすると、結果的に
ラクにふけて最後までお腹でコントロールしやすいです。

結局、お腹でコントロールできればかなりの問題が
解決するように感じます。それが難しいので苦労しては
いるのですが、お腹で息をコントロールし、お腹で
フレーズをコントロールし、お腹でアンブシュアを
コントロールして、ということが少しづつ分かってきて
いる気がします

多分今の練習の延長上で、お腹まわりの必要な筋肉は
少しづつ鍛えれらるはずです。そうなればもっとラクに
お腹でコントロールできるようになるはず、と期待して
練習を続けたいと思います。


レッスン21回目:ビブラートと倍音(15/3/30)

前回のレッスンで、自分としてはいい音が出て
ちょっとびっくりしたのですが、何がどうしてそう
なったか自分では良く分からないままでした。
自分で練習してみて、ある程その時の音を再現
出来たので、それをチェックいただいたり、
さらに音の安定や向上のアドバイスをいただいた
レッスンでした。


■先生のアドバイス

・音が良い感じになってきている。ただ、やはり時々
  つまったりすることがある。良い音が出せる確立を
  増やせて、より安定してくるといい。

・音がつまったりする場合、息と口の連動がうまく
  いっていないことがある。そのつながりが無意識に
  つながってくると、音がつまることもなくなって
  くる。

・息と口の連動の補助練習として、ビブラートの練習
  −正しい音程を基準に、音程を少し下げたり元に
    戻す。その時、音程が高い時に音を大きめに。
    何度か繰り返すと、音が元に戻りきれず低くなる
    ことがあるので、お腹でしっか息を吐きながら
    口も元に戻るように注意。
  −今度は基準音より低い音ではじめ、こちらの音程が
    低い方で音を大きくする。
    音程を下げて音を大きくする時、息は前方斜め
    下に強く吐く様にするといいとのこと。

・Stella By Starlightの1フレーズを吹いてみる。
  お手本を参考に強弱をつけてみるが、どうしても
  弱い音がヘナヘナした感じで、安定感がなくなる。

・弱い音でも、楽器はしっかり鳴るような状態になるといい。
  その補助練習として倍音のトレーニング。
  この練習で管の中をしっかり息を通すことを目指す。
  そうなると、音が変わってきて、弱い音を出しても
  楽器が鳴るようになってくる。
  −下のドの指使いにして、かつオクターブキーを押す。
    この状態で真ん中のドの音を出す。
  −この指使いで、上のソの音を出す。
    そのために、まず上のソの指使いで音を出して、
    下のドの指使いに戻して上のソの音を出す。
    移動の時に、右手の小指だけ最初に押さえて、
    薬指、中指、人差し指をすばやく押す。
    これが出来たら、下のド+オクターブキーの
    指使いで真ん中のド、上のソを出す。
    出来れば、上のドも出す。

・音を出す前の準備で、姿勢や呼吸、アンブシュアなどを
  考えすぎなので、もっとラクに音を出した方がいい。


■私の感想と気付き

前回のレッスンの時の音が自分としてはいい音が出せ
ました。それを自分でもある程度再現出来るように
なったのですが、時々うまくいかないことがあります。
音がつまった感じになったり、口が疲れたりすることが
あるのです。

先生から息の強さと口がうまく連動すると自然に回避
できるようになるとのアドバイスで、そのための
補助練習としてビブラートの練習をしました。
音程を上げるときに音を大きくするのはある程度出来る
のですが、音程を下げるときに音を大きくすることが
うまく出来ませんでした。これはとりあえず保留という
ことに。

プロの演奏を真似て強弱をつけると、どうしても
弱い音が単に弱いのではなく、なんというか貧弱な
不安定な音になってしまいます。この改善のために
倍音の練習もいろいろ試してみました。下のドの
指使い+オクターブキーで、真ん中のドや上のソを
吹くのですが、最初音がつまった感じでしたが、
練習していくとより自然な音になってきました。
この息の使い方になれてくると、普通の指使いでの
音も変わってくるとのこと。弱い音も改善してくる
はず、です。正直、まだあまりよく分かっていませんが、
練習に組み入れて、続けたいと思っています。

自分の性格でなかなか難しいところですが、どうしても
いろいろ考えすぎて、体がかたくなってしまうことが
多いようです。以前に比べれば腹式呼吸のコツが
少しつかめたことで、アンブシュアなどはあまり考え
なくても音が出せるようになってきた気はしています。
出来れば、もっと何も考えずにナチュラルな音を出せる
ようになりたいところです。それが自分には難しいのですが。