アルトサックスの練習日記

studio Aisya(スタジオアイシャ)
アルトサックスの練習日記

レッスン18回目:歌う時の息の使い方で(14/10/30)

気がつけば半年以上あいだが空いてしまいましたが、
久しぶりにレッスンをお願いしました。

週に1時間は練習を続けていて、少しづつですが
良くなっている感触はあります。とは言え、自分だけの
練習では気づけないことがたくさんあるので、久しぶりに
先生にチェックしてもらいました。


■先生のアドバイス

・大きな問題はないが、時々唇がプルプルするのが気になる。
  音色はまず「u」ではなく「Wa」というイメージで出してみる。

・口の周りの筋肉に余計な力が入っているのかもしれない。
  次のような補助練習。
  まずは脱力して息だけ楽器に流す(音は出ない)。
  口の中の容積をなるべく広げて、低い息の音を出す。
  お腹から少し息を強めて出して、口を少し閉じて音を出す。
  音が出たらよりおなかからしっかり息を出す。

・マウスピースを少し深くする
  これで音色が改善したので、息が出ようとしているところで
  息がマウスピースあたりで止まって、唇がプルプルしていた
  かもしれない。
  もしくは、下顎の位置を少し前に出して調整して、息が
  まっすぐ入るようにしてもいい。

・音の強弱
  いろいろなパターンで、音の強弱をつける。なるべく息を
  中心に。息を強く出すとそれと連動して下顎が前に出るように
  なるといい。今は少し顎を動かしすぎるので、それほど
  動かさなくてもいい。
  一つの音を出しながら強弱をつけると、ピッチが大きく
  変わってしまう。
  音をイメージして、大きい音を「Wa」、小さい音を「u」
  という感じで、これを歌うようにイメージして、その息と
  同じようにサックスの音を出すといい。それを意識すると
  いろいろな点が改善される。
  
・ピッチ
  自分で心地よくなければ、その音をチェックして、
  心地いい音になるように練習。ドレミファソラシドが基本。
  録音してみるといろいろ気づくので、イメージした音と
  違っている、心地良くない音があればその音を改善
  できるように練習。馴染みのある曲でいろいろ練習するといい。


■私の感想と気付き

久しぶりのレッスンだったので、再度基本に戻っていろいろ
アドバイスいただきました。
音の強弱の時に息と下顎を動かすのですが、今までは別々に
意識しないとうまく動かせませんでした。そんな風にしていると
息と下顎が逆になることもしばしば。それは一旦忘れて、
「WaWauWauWauWaWa-(Wa:強く u:弱く」という感じで、
メロディを歌ってみて、それと同じようにサックスを吹くと、
息や顎をそれほど意識しなくても自然に動き、音色もいい
感じになります。また、録音すると音色もピッチもいろいろ
気づくことが出来るので、これからは録音しつつの練習を
少し増やしたいと思っています。


レジェール(樹脂製リード)を使ってみました

前から気になっていた樹脂製リード。ご指導いただいて
いる先生が良いとおっしゃっていたことがきっかけで、
試してみることにしました。

購入したのは先生オススメのレジェールのシグネチャー・
シリーズ、その2-1/2です。硬さはそれまで使っていた
青箱の2-1/2に一番近いとされるので選びました。

2ヶ月ほど使っていますが「いいな」というのが率直な
感想です。

いろいろな意見があるリードだとは思いますが、私のような
初心者としては、前の練習の時に出せた音を再現しやすい
のがうれしいところです。

私は週に1回程度の練習なのですが、前の練習の時に出せた
音が、再現できずに苦しむことがよくあります。
「あーだったかなぁ、こーだったかなぁ」といろいろ試す
うちに、無常に時間は過ぎていきます。レジェールに
してから、この時間がかなり短くなったと感じています。

ムチャクチャ勝手な想像ですが、天然性のリードに比べると、
樹脂製のリードはコンディションの変化に左右されにくく、
一定のパフォーマンスを発揮しやすいからではと思って
います。そこが一定だと、解決策の選択肢がいっきに少なく
なるというか、うまく言えないのですがそんな感じです。

前の練習の時の音が早く出せれば、その後の時間は少しでも
積み重ねていくことができます。限られた時間で練習するので、
それがありがたいのです。

そんなこんなで、しばらくはレジェールを使って練習を続け
たいと思っています。

■参考情報


重心を低く維持

吹きはじめはよくても、吹いているうちに段々余計な
力が入ってきて、口も疲れてくるようになってきます。
そうなれば当然、音色もピッチも崩れてきます。

自分の感覚としては、吹いているうちに段々と息が
浅くなってくるというか、重心が高くなってきて
バランスが崩れてくるのかなあと感じていました。
なんとか吹きはじめの感じで、それを少しでも
長く持続させたいのですが、うまくいきません。

でも最近、少しコツをつかめてきた気がします。
参考までにそれを書いておきたいと思います。

うまく言葉にしにくいのですが、重心は低くだけれど、
体は上から引っ張られる感じになるとうまくいく
気がします。もう少し詳しくははこんな感じ。

・意識は丹田中心
・下顎の力を抜くようにすると、重心が少し下がる感じ。
  (丹田を意識しやすい)
・丹田→背骨→後頭部のラインを意識して後頭部が
  上に引っぱられるイメージ。重心は低くても、頭が
  下に落ちない感じ。
・丹田→脇→両腕のラインを意識して、腕が丹田から
  あるようなイメージにすると、腕の力が
  抜けて、重心が下がる感じ。
・みぞおちはほんの少し前に出す感じ

うまくいく時は音が安定して響きも深くなり、
なかなかよいです。もちろんよりリラックスして口も
疲れにくいし、指も回しやすくなります。

この延長上でいいのではと思っていて、もう少し練習を
重ねていきたいと思います。